道路のさまざまな障害物は注意しなければならない

ごく普通に免許をお持ちの方は、お車を運転してさまざまな場所に出かけるのでしょう。また、出かける場所についてはお仕事やプライベートと人によりさまざまなのです。中でも、お車を運転する人はとくに交通事故を引き起こさないように努めなければいけないのです。

そこで、交通事故は誰もが起こそうとして故意的にやろうという人は皆無に近いのでしょう。
それでは、なぜ故意的に交通事故を起こそうという人がいないにもかかわらず、交通事故が起きてしまうのでしょうか?

それは、運転手の確認不足と周囲のさまざまな障害物で交通事故が起きているのです。道路には、看板、標識、信号、踏切など数え切れないほど存在しているのも事実なのです。

中でも、日々変わる障害物それは人、自動車、バイク、自転車などの人が故意的に動かしているものなのです。

ここがとても重要な事で、日々人は活動しているため同じ場所に同じ人がいる事は100%ありえないという事なのです。

ですから、上記にあげた動かない物についてはある程度予測することは可能なのでしょう。しかし、動く物については日々変化しているため誰も予測はつかないと言えます。だから、とくに動く物については細心の注意をして安全運転をして下さい。

コメント

コメントを受け付けておりません。