走る車線の選び方

あまり知らない土地の片側が2車線以上ある道路ではどこを走ればいいか選び方に悩んでしまうものです。法律上は一番左通行帯を走らなければいけないとされており、教習所でもこのように教わるものの、実際の街中の道路では右折車や左折車が多く、これらの原因でスムーズに走行できないことが多々あります。それ以外にもバスやタクシー、その他乗用車などが停車しる場所でもあり、オートバイや自転車が走る通行帯でもあるため、接触事故が置きやすい場所でもあります。

これらのことから実際に街中を走行する際には右側、もしくは中央線を走るのが最もスムーズに走行でき、さらに安全です。実際に街中の道路を車で走ってみると左側を走りつづけている人はあまりいません。法律で定められたものが実際に安全だとは限らないのです。無論常に右側を走ればいいというわけではなく、普段走る道路では右折者で滞る場所では左側を走るなどしてさらに効率いい走行をすることができます。
しかし普段走らない道路を走る際には、掲示板や標識をじっくりチェックしながら走りたいものですし、右折車の後ろについてしまうと渋滞が起こり非常にめんどくさいことになります。普段走りなれていない道を走行する際には多少ゆっくりでも左側を走るのがオススメです。

コメント

コメントを受け付けておりません。