前の車だけでなく前方の状況を必ず確認

前を走っている車に衝突してしまう原因として挙げられるのは、前方不注意です。これは余所見をしていてぶつかってしまったということです。これは完全な後続車の過失となります。それらを気を付けていても衝突してしまうことがあります。その原因として挙げられるのは、前を走る車の急ブレーキによるものです。これはしっかりと車間距離を空けていれば回避出来ますが、スピードによっては対応出来ないこともあります。

そういった事を避ける為にするべきことは、自分の二台前を走る車の動きを見ておくということです。二代前の車がブレーキを踏めば、当然自分の前を走る車もブレーキをかける事になります。そして二台前の車が急ブレーキを踏んだ事によって、前の車が急ブレーキを踏んでも対応出来るようになります。何も無い状況で急ブレーキを踏まれた場合には相手の過失になります。自分が加害者にされないように出来うる限りの安全運転を心がけることが大切です。そして常に出来るだけ遠くを見るようにすることによって、様々な先の情報が入ってきます。これが出来る人は車の運転技術が高い傾向にあり、初心者や運転技術が低いとされる人は近くを見ていることが非常に多いです。

コメント

コメントを受け付けておりません。