標示板などを早めにチェックして進路などの対応する

速度が高くなればなるほど、ドライバーの視界は狭くなります。
特に高速道路では約100㎞/hで走行するため、視界も40度程度しか確保できなくなります。
これは、40㎞/hで走行している場合と比較すると半分以下の視界しか確保できないということになります。高速道路では、市街地や住宅地のような横からの予期せぬ急な飛び出しや対向車がいないため、周囲の車の動きにのみ注意しておけばある程度は安心です。
高速道路で標示板を確認するのは速度が速い分難しいのではないかと思われがちですが、光速度悪露は見通しが良く、標識もシンプルに作られているため、一般道よりも見やすくなっています。

–¼Ì–¢Ý’è-2
高速道路の標識は一般道とは異なり、サービスエリアやインターチェンジ、分岐を示すものがあります。渋滞や天候による速度規制などはしっかりとチェックし、先を見越した運転ができるようにしましょう。悪天候での走行は危険を伴うため、事前に確認していれば一般道に戻るなどの選択を取ることもできます。高速道路では突然の横風に車が影響を受けるため、横風注意の表示や吹き流しなどにも注意が必要です。また、作業車両がいたり、工事中の場合には車線変更を促す表示が出ていたり、係員が立って指示する場合もあります。
そんな時もあわてずに車線変更ができるように心の準備をしておくのが重要です。

コメント

コメントを受け付けておりません。