車間距離は開けすぎないのが安全のポイント

車を運転していると、道路の通行には流れができています。
追突や衝突防止には十分な車間距離が必要ですが、大きければ大きいほどいいというわけではありません。車間を広く開けることは、前方の危険を察知し、対応する操作をする時間的余裕を持つために有効です。しかし、適度な距離を開けて続いていればいいのですが、開きすぎていると、車線変更の車が目測を誤ったり、前方からの反対車線の車がはやまって右折をしてくる、いわゆる右直事故の危険性があります。

車間の距離を開けること自体が目的ではなく、左右の車線からの車線変更や、前方から来る反対車線の車両の右折、あるいは歩行者の横断などにも対応するために適切な距離を保っているのに、必要以上に開いていることでかえってそれらを招いてしまうことがあることを意識します。
安全な運転とは、車線の流れに逆らわず、一定の速度と車間を保つことで実現されます。
車線の流れより速すぎたり、車間を詰めてあおったりするのは危険な運転ですが、遅すぎたり、車間を広げすぎるのもかえって危険な運転になることがあるので注意しましょう。
 道を探しながら運転しているときなどは前の車との車間が開きがちになる一方で、前方への注意が散漫になりがちなので、特に意識することが大切です。

コメント

コメントを受け付けておりません。