車はゆっくり走れば必ずしも安全という訳ではない

車を運転する時に、安全運転を心がけるのは誰しも同じです。事故を起こそうと思って運転している人はいません。しかし、安全運転とゆっくり走ることとは違います。スピードを落としているから大丈夫、それは大きな間違いなのです。その感覚が大きな事故に結びつくこともあるのです。車は大きな鉄の塊です。スピードを落としていても、、衝突すれば大きな被害を与えます。バイク、自転車、歩行者、大きな鉄の塊が衝突すれば、スピードに関係なく大変なことになるのです。

テクスチャー13
もちろん、スピードは大きな要因のひとつであることは間違いありません。必要以上にスピードはを出すことは危険です。しかし、スピードを出さなければ大丈夫という考えもひじょうに危険なのです。大切なことは、スピードだけではなく、周囲をしっかりと確認しながら運転できる心の余裕と危険を回避しようとする運転手の意識です。その意識がひじょうに重要なのです。どんな道具であっても、使う人の意識で便利なものにもなるし、凶器にもなるのです。使う人によっては、車はひじょうに危険な凶器になってしまうのです。車を凶器にしないためにも、スピードを落とせばいいという安易な気持ちでなく、危険を回避する意識を持って運転しましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。