標示板などを早めにチェックして進路などの対応する

速度が高くなればなるほど、ドライバーの視界は狭くなります。
特に高速道路では約100㎞/hで走行するため、視界も40度程度しか確保できなくなります。
これは、40㎞/hで走行している場合と比較すると半分以下の視界しか確保できないということになります。高速道路では、市街地や住宅地のような横からの予期せぬ急な飛び出しや対向車がいないため、周囲の車の動きにのみ注意しておけばある程度は安心です。
高速道路で標示板を確認するのは速度が速い分難しいのではないかと思われがちですが、光速度悪露は見通しが良く、標識もシンプルに作られているため、一般道よりも見やすくなっています。

–¼Ì–¢Ý’è-2
高速道路の標識は一般道とは異なり、サービスエリアやインターチェンジ、分岐を示すものがあります。渋滞や天候による速度規制などはしっかりとチェックし、先を見越した運転ができるようにしましょう。悪天候での走行は危険を伴うため、事前に確認していれば一般道に戻るなどの選択を取ることもできます。高速道路では突然の横風に車が影響を受けるため、横風注意の表示や吹き流しなどにも注意が必要です。また、作業車両がいたり、工事中の場合には車線変更を促す表示が出ていたり、係員が立って指示する場合もあります。
そんな時もあわてずに車線変更ができるように心の準備をしておくのが重要です。

片側2車線なら右側、片側3車線以上なら中央車線が安全に走りやすい

運転中は、常に前方に注意しておかなければなりません。
突然、前を走っている車が急ブレーキを踏んだり、直前で右折や左折をするために停まることも予測しながら、車間距離を充分に取って安全運転に努めなければなりません。
車線が多い道路を走行する場合は、片側2車線の道路は右車線、片側3車線以上の道路は中央車線を走る方が安全です。
特に一番左側の車線は、危険の度合いが高めです。

ピカピカ03
前方の車が曲がる直前でウインカーを出して、それに気付くのが遅れて追突してしまう事や、無理に左から追い越そうとするバイクに気付かずに接触してしまう事も起こりかねません。
また、突然左側から通りに飛び出してくる車もいますので、右車線の方が安全に走ることができます。
3車線以上ある車線でも、左端の車線では同じことが言えます。
それに加えて、右端の車線を走っている車が反対車線の店舗に入るために停止し、それによって渋滞が起きてしまう場合もありますので、3車線以上ある道路では中央の車線の方が安全に走ることができます。運転に慣れていない人は中央の車線を走るのが怖いと感じるものですが、白線できちんと区切られていますので、きちんと車間距離を取っておけば、端の車線を走るよりもかえって安全です。

道路のさまざまな障害物は注意しなければならない

ごく普通に免許をお持ちの方は、お車を運転してさまざまな場所に出かけるのでしょう。また、出かける場所についてはお仕事やプライベートと人によりさまざまなのです。中でも、お車を運転する人はとくに交通事故を引き起こさないように努めなければいけないのです。

そこで、交通事故は誰もが起こそうとして故意的にやろうという人は皆無に近いのでしょう。
それでは、なぜ故意的に交通事故を起こそうという人がいないにもかかわらず、交通事故が起きてしまうのでしょうか?

それは、運転手の確認不足と周囲のさまざまな障害物で交通事故が起きているのです。道路には、看板、標識、信号、踏切など数え切れないほど存在しているのも事実なのです。

中でも、日々変わる障害物それは人、自動車、バイク、自転車などの人が故意的に動かしているものなのです。

ここがとても重要な事で、日々人は活動しているため同じ場所に同じ人がいる事は100%ありえないという事なのです。

ですから、上記にあげた動かない物についてはある程度予測することは可能なのでしょう。しかし、動く物については日々変化しているため誰も予測はつかないと言えます。だから、とくに動く物については細心の注意をして安全運転をして下さい。

走る車線の選び方

あまり知らない土地の片側が2車線以上ある道路ではどこを走ればいいか選び方に悩んでしまうものです。法律上は一番左通行帯を走らなければいけないとされており、教習所でもこのように教わるものの、実際の街中の道路では右折車や左折車が多く、これらの原因でスムーズに走行できないことが多々あります。それ以外にもバスやタクシー、その他乗用車などが停車しる場所でもあり、オートバイや自転車が走る通行帯でもあるため、接触事故が置きやすい場所でもあります。

これらのことから実際に街中を走行する際には右側、もしくは中央線を走るのが最もスムーズに走行でき、さらに安全です。実際に街中の道路を車で走ってみると左側を走りつづけている人はあまりいません。法律で定められたものが実際に安全だとは限らないのです。無論常に右側を走ればいいというわけではなく、普段走る道路では右折者で滞る場所では左側を走るなどしてさらに効率いい走行をすることができます。
しかし普段走らない道路を走る際には、掲示板や標識をじっくりチェックしながら走りたいものですし、右折車の後ろについてしまうと渋滞が起こり非常にめんどくさいことになります。普段走りなれていない道を走行する際には多少ゆっくりでも左側を走るのがオススメです。

後方を見る事を習慣付ける

自動車を運転する時は周囲に様々なセンサーを張り巡らせて運転しているものと思います。前方は勿論、斜め前方や横方向にも気を使わなければなりません。しかし忘れがちなのが前方に走行している時の後方確認ではないでしょうか。進行方向ではないのだから見る必要はないと言う意見もありそうですが、トラブルを防ぐ上で大事な事でもあります。

テクスチャー19
後ろを見ると言っても振り返って見る訳にもいかないので、ミラーでチラと見る癖をつけておくと良いです。そこから得る情報は意外と多く、後ろの車との車間距離、車種(トラック、乗用車、バイク等)、自車とのスピードの関係性などがあります。中にはどんなドライバーが運転しているのかまで見ている人もいます。この中で気をつける点は後車との車間距離であって、車間をやたらと詰めてくるドライバーもいます。こういった車が後ろにいるとブレーキをかけた際に後部を当てられる危険性を含んでいるし、運転していて気持ち悪いですよね。後ろを見ておけば早めに車間を詰める車を察知する事が可能ですし、先に譲って危険を回避する事もできます。一般道はもとより高速道路でも活用できます。むしろ高速道路の方が見る習慣をつけた方が良いと思います。スピードが違いますので。

前の車だけでなく前方の状況を必ず確認

前を走っている車に衝突してしまう原因として挙げられるのは、前方不注意です。これは余所見をしていてぶつかってしまったということです。これは完全な後続車の過失となります。それらを気を付けていても衝突してしまうことがあります。その原因として挙げられるのは、前を走る車の急ブレーキによるものです。これはしっかりと車間距離を空けていれば回避出来ますが、スピードによっては対応出来ないこともあります。

そういった事を避ける為にするべきことは、自分の二台前を走る車の動きを見ておくということです。二代前の車がブレーキを踏めば、当然自分の前を走る車もブレーキをかける事になります。そして二台前の車が急ブレーキを踏んだ事によって、前の車が急ブレーキを踏んでも対応出来るようになります。何も無い状況で急ブレーキを踏まれた場合には相手の過失になります。自分が加害者にされないように出来うる限りの安全運転を心がけることが大切です。そして常に出来るだけ遠くを見るようにすることによって、様々な先の情報が入ってきます。これが出来る人は車の運転技術が高い傾向にあり、初心者や運転技術が低いとされる人は近くを見ていることが非常に多いです。

車間距離は開けすぎないのが安全のポイント

車を運転していると、道路の通行には流れができています。
追突や衝突防止には十分な車間距離が必要ですが、大きければ大きいほどいいというわけではありません。車間を広く開けることは、前方の危険を察知し、対応する操作をする時間的余裕を持つために有効です。しかし、適度な距離を開けて続いていればいいのですが、開きすぎていると、車線変更の車が目測を誤ったり、前方からの反対車線の車がはやまって右折をしてくる、いわゆる右直事故の危険性があります。

車間の距離を開けること自体が目的ではなく、左右の車線からの車線変更や、前方から来る反対車線の車両の右折、あるいは歩行者の横断などにも対応するために適切な距離を保っているのに、必要以上に開いていることでかえってそれらを招いてしまうことがあることを意識します。
安全な運転とは、車線の流れに逆らわず、一定の速度と車間を保つことで実現されます。
車線の流れより速すぎたり、車間を詰めてあおったりするのは危険な運転ですが、遅すぎたり、車間を広げすぎるのもかえって危険な運転になることがあるので注意しましょう。
 道を探しながら運転しているときなどは前の車との車間が開きがちになる一方で、前方への注意が散漫になりがちなので、特に意識することが大切です。

車はゆっくり走れば必ずしも安全という訳ではない

車を運転する時に、安全運転を心がけるのは誰しも同じです。事故を起こそうと思って運転している人はいません。しかし、安全運転とゆっくり走ることとは違います。スピードを落としているから大丈夫、それは大きな間違いなのです。その感覚が大きな事故に結びつくこともあるのです。車は大きな鉄の塊です。スピードを落としていても、、衝突すれば大きな被害を与えます。バイク、自転車、歩行者、大きな鉄の塊が衝突すれば、スピードに関係なく大変なことになるのです。

テクスチャー13
もちろん、スピードは大きな要因のひとつであることは間違いありません。必要以上にスピードはを出すことは危険です。しかし、スピードを出さなければ大丈夫という考えもひじょうに危険なのです。大切なことは、スピードだけではなく、周囲をしっかりと確認しながら運転できる心の余裕と危険を回避しようとする運転手の意識です。その意識がひじょうに重要なのです。どんな道具であっても、使う人の意識で便利なものにもなるし、凶器にもなるのです。使う人によっては、車はひじょうに危険な凶器になってしまうのです。車を凶器にしないためにも、スピードを落とせばいいという安易な気持ちでなく、危険を回避する意識を持って運転しましょう。