一般道路の運転で気をつけたいこと

一般道路の運転で気を付けることは、言うまでもなく安全運転です。一般道路には、車、バイク、自転車、歩行者がいます。その中で運転することは、いろいろなアクシデントに出会う可能性があります。事故を起こそうと思って運転している人はいません。しかし、急いでいた、疲れていた、他に気になることがあった、そんな集中力のない状態で運転する人もいます。止まると思った、出てこないと思った、大丈夫だと思った、自分中心に考えて運転する人もいます。

テクスチャー12
あらゆる状況の中で大切なことは、安全に運転する、そんな緊張感を持って運転することです。また、疲れている時などは、無理をせずに休憩する余裕を持つことです。道路は運転テクニックやスピードを競う場所ではありません。敢えて言うなら、安全運転を競う場所なのです。運転に慣れてしまうと、運転以外のことを考えながらハンドルを動かしていたり、疲れていても無理をして運転してしまうこともあります。この慣れが、取り返しのつかない事故につながることもあるのです。あなた一人が道路にいるわけではありません。常に周りを見ながら落ち着いて運転できる状態であること、安全運転を考える緊張感をもつこと、それが必要です。